GLOBAL BUSINESS KNOWLEDGE SUPPLY

Legal Enhancement Expert Program Academy

Legal Enhancement Expert Program Academy

Legal Enhancement Expert Program Academyは、2014年11月から、GBKS代表である石川から企業関係者等に提案を行い参加者を募り今日まで毎月実施しております。会場の事情により人数は限られますが、参加希望される方はいつでも“お問合せフォーム”のメールにてコンタクトしてください。

I Academyの主旨

現代はあらゆる分野における事業の栄枯盛衰が激しい時代であり、また事業スキームの変化サイクルも短くなっていると思われます。日々の報道を見ても各業界の動きはめまぐるしくなっています。このような中で法務の役割はこれまで以上に重要な位置づけになってきており、受け身の法務・知財部門ではなく発信する法務・知財が必要な時代であります。

そこで、各企業で法務・知財の実務に係る方を中心に、

  • 各企業の実務における身近な課題を共有して各自のナレッジ向上
  • 他企業の方々との交流をはかり、人的なネットワークを拡大

を主旨として、2014年11月より、本Academyを立ち上げ実施をしております。(当初は代表の石川と講師の方々によるボランティアにより遂行してきましたが、2017年1月より実施方法を下記のように変更しております。)

なお、本Academyについては、2016年5月16日付の日本経済新聞(以下URL参照)に取り上げられ掲載されました。
http://webreprint.nikkei.co.jp/r/LinkView.aspx?c=4ED78009435B4E529DC07A97D2349CB5

II 実施方法

日程
原則 毎月第3金曜日 19時~21時
開催場所
都内の最寄り駅から10分以内のセミナー会場を活用予定
講座の内容
法務・知財関連のホットな課題について、外部の講師(弁護士、大学教授等)によるレクチャーを受講
または、参加者が日常の業務の中で抱えている課題提起を行い参加者によるディスカッションを実施(秘密情報は除外)
司会は、GBKS代表の石川が行う。
会費
3,000円/回(原則、変更要素あり)
参加人数
参加希望者や開催場所により随時変更あり。原則20名程度を予定。

なお、充実した有意義な内容にすべく、立教大学のビジネスロー研究所ならびに同大法学部早川教授の支援・協力も得て運営を行っております。
上記の趣旨をご理解戴き、本Academyに関心があり参加したい方は、“お問合せフォーム”よりその旨コンタクトをお願いします。

お問い合わせフォーム

III 講座開催実績と開催予定

Legal Enhancement Expert Program / Academy
  日時 テーマ
第1回 2014年11月10日 「主旨説明、Kick off」
第2回 2015年1月23日 「秘密保持契約」
第3回 2015年3月6日 「ソフトウェア関連契約課題」
- 2015年5月15日 「懇親会」
第4回 2015年5月29日 「M&Aのスキームと課題」
第5回 2015年6月12日 「NEDOアライアンス関係」
第6回 2015年7月10日 「M&Aと知財」
第7回 2015年7月17日 「コンプライアンス」
第8回 2015年8月21日 「特許訴訟関連」
第9回 2015年10月2日 「法務人材教育、育成」
第10回 2015年11月12日 「NPE関連訴訟」
第11回 2016年1月29日 「秘密保持契約の判例」
第12回 2016年2月19日 「経営力アップのための企業法務入門」
第13回 2016年3月25日 「近時の独占禁止法・競争法のトピック・課題について」
第14回 2016年5月13日 「三方よしの対話力-日本版交渉学入門-」
第15回 2016年6月3日 「米国におけるソフトウェア特許について」
第16回 2016年7月8日 「M&A・投資等の案件で欠落しがちな重要な視点」-ステークホルダー-・IR・危機管理・国際的な影響等の実務的な視点から
- 2016年8月26日 「懇親会」
第17回 2016年9月16日 「秘密情報の保護」~不正競争防止法
(法改正・最近の裁判例を踏まえた論点)、秘密保持契約の課題
第18回 2016年10月7日 「特別講座_欧米における最新の独占禁止法の動向」
<ミニ懇親会>
第19回 2016年10月14日 「中国の法制度の特色と、中国企業との契約締結上の留意点」
第20回 2016年11月11日 「契約における仲裁条項の落とし穴を含む国際仲裁戦略─国境を越えた紛争解決への備えと遂行」
第21回 2016年11月18日 「国際ビジネス紛争の解決と国際訴訟・国際仲裁」
第22回 2016年12月9日 「特許ライセンスと独占禁止法」
第23回 2017年1月20日 「コピペ疑惑・炎上による落とし穴と萎縮をどう防ぐか」
~著作権とコンテンツ契約の講義の必修化を考える~
第24回 2017年2月17日 「FRAND宣言に関する近時の裁判例等からみる法的問題等」
第25回 2017年3月10日 「営業秘密をめぐる実務論点」~具体的な実務例を取り上げながら~
第26回 2017年3月17日 「英文契約書でおさえておくべき条項、課題を解決する!」
第27回 2017年4月21日 「米国知的財産(特許、営業秘密)訴訟実務の最前線」
第28回 2017年5月19日 最新の「個人情報保護法」に関する課題と、企業における留意点について~具体的な実務例を取り上げ、また、海外との比較も織り込みながら~
第29回 2017年6月16日 Ⅰ AIの法的問題について
~AIに関するリスクの考え方及びそのルールに関する最近の動きを参考に~
Ⅱ インドの行政・法律上の枠組みと、インドビジネスを行う上でそれらが及ぼすインパクト
第30回 2017年7月21日 クロスボーダーM&Aにおける法務部員の役割
~ 取引の基本的流れと具体的な実務例を取り上げながら
第31回 2017年9月15日 債権法改正における新たな契約責任法-契約不適合責任を中心に
第32回 2017年10月27日 「米国における特許訴訟の実際と最新情報」
第33回 2017年11月10日 「情報・テクノロジー法最前線」